ガレージタイプはシャッター付きがおすすめ

成田空港パーキングを利用する際には、パーキングの種類をどのようなタイプにするかで迷う事があると思います。青空駐車のところもあれば、立体駐車場である事もありますし、ガレージタイプで一台一台をしっかりと駐車・管理してくれるところもあるのです。

成田空港の長期間利用できるパーキングを選ぶ人もいれば、短時間で一番安いパーキングを選ぶ人もいます。ガレージタイプのパーキングとひと口に言っても、様々な種類があります。一番理想的なのは、ガレージにシャッターが付いているタイプのパーキングです。

シャッターが付いていれば、雨風をしのげる他、野鳥の被害からも愛車を守る事が出来ます。そして何より盗難に関する防犯意識の高さを感じると思いますし、一度駐車してしまえば車の移動をしなくても良いと言うメリットが発生します。シャッターが無い場合でもガレージタイプのパーキング歯いくつか存在していますが、シャッターがあるのとないのでは、やはりシャッターが付いている方が料金面でも割高になるように、安心感が違ってくると思います。

シャッターの他にはシートカーテンタイプと言うものもあります。その名の通り、シートカーテンがシャッターの代わりにおろされるのですが、シャッターとは違いカーテンですから、雨風に対する対応としてはいかがなものかと不安感を持つ方も多いそうです。

ガレージタイプの構造はコンクリートであったり、鉄筋作りであったりと、パーキングにより様々です。そう言った構造で選ぶ事も出来ますが、個人的にはやはりシャッターがしっかりとあるようなパーキングがおすすめだと思います。

31jkuuyf

成田空港パーキングの中には、LCCに対応しているパーキングも多数あるようです。その中で気になるのが早朝や深夜のフライトで出発、帰国する際に、料金には変動があるのかどうかという点だと思います。LCCは比較的早朝のフライトは料金が安かったりしますので、それに対応しているパーキングを探す必要も出てきます。

成田空港パーキングの中で、成田ガレージでは、LCCを利用する方向けの料金設定を行っています。早朝割増料金、深夜割増料金などを一切上乗せしない事が最大の特徴で、LCCを利用すされる方の発着に合わせた営業時間となっています。朝は4時30分からの営業を行っており、1日あたり400円と言う料金設定も大変魅力ある金額だと思います。

また、各ターミナルまでの送迎バスも出ており、この時点で、日程や出発の便、時間、到着についてなどを確認し、料金を前払いする事になっています。前払い制ですと、払ってしまえば後は何も心配する事が無いので、気持ちの上でもすっきりした状態でフライトに臨む事が出来ると思います。

旅の途中でパーキング料金の事を考えなくても良いと言うのは、大変安心感があると思います。LCC早朝便を利用してフライトする場合には、念のために成田ガレージの方へ予約をしておくと良いそうです。これは混雑を避ける為でもあり、定期運航バスに乗る為でもあります。

出来るだけ、時間にも余裕を持って行動する事が良いと思いますので、早朝便を利用の際には予約をおすすめします。

PR:成田駐車場のK.COMPANY(ケー・カンパニー)旧ベガスパーキング http://www.day-parking.com/

次の記事: を読む ≫